現在 RX100M7/ α6600/ GRIII/ iPhone 11 Proを使用中

ソニー α6100はオススメのエントリーミラーレス

カメラ情報

こんにちは、Yuu(@yuu_u1)です。

ソニーから10月25日に発売された新型ミラーレス一眼のα6100について書いていきます。

α6100はソニーのミラーレス一眼でAPS-Cセンサーを搭載しているレンズ交換式のカメラです。

 

ポイント大人気のα6400の機能を継承しつつ、ミラーレス一眼を初めて使う人のために不要な機能は削ぎ落としたシンプルかつコスパの高いカメラです。

 

Yuu
Yuu

早いピント合わせ自撮り可能な液晶など、必要最低限の4K動画撮影など、今流行りの機能を活かして、レンズ交換して多彩の撮影が可能なカメラです。

α6100の特徴

  • α6000シリーズのスタンダード機
  • 有効2420万画素のAPS-C Exmor CMOSセンサー
  • AF速度 0.02秒
  • AF/AE追従最高約11コマ/秒連写、最高約8コマ/秒のサイレント連写が可能
  • 144万ドットEVFを搭載
  • 92.1万ドットの180度回転背面モニター
  • 4K30P
  • バッテリー:NP-FW50
  • サイズ:120.0mm x 66.9mm x 59.4mm
  • 重さ:396 g(バッテリーメモリーカード含む)
  • カラー:ブラック・ホワイト
《新品》SONY (ソニー) α6100 ボディ ILCE-6100 B ブラック[ ミラーレス一眼カメラ ]
スポンサーリンク

α6100って??

ソニーのミラーレス一眼は、型番がややこしいですよね。

α6400やα6500、α6600、α6000……….(α6300もありました。今は生産終了品です)

左からα6500,α6400,α6000

ボディ形状はほとんど同じなので、買い替えても分からないくらいの出来栄えです。

簡単に書くと以下です。

α6600:フラッグシップ(α6500の後継機)

α6400:ミドルクラス(α6300の後継機)

α6100:エントリークラス(α6000の後継機)

※公式ページではα6400とα6100は同じカテゴリーですが、機能面からみて3パターンに分けました。

 

画質面やAF性能はほとんど一緒ですが、ボディに手ぶれ補正が内蔵やバッテリーが長持ちする(α6600)やボディの質感など、少し細かい点が各々違います。

▼詳しくは以下の記事を参考に。

ソニーα6600,α6100,α6400の違い スペック比較

α6100はコンパクトで使いやすい

α6100とSELP1650の組合せ

早速、ソニーストアで展示されていたので触ってきましたが、とにかくしっかりした形状のボディなのに、α6100の重さは396g。

軽いです。

一緒にセットで販売されている、レンズキットのSELP1650との組み合わせでも512gとペットボトルくらいの重さなので、カバンの中に入れていつでも持ち歩ける軽さです。

軽量化している一つの理由は、上位機種のα6400やα6500(α6600)はマグネシウムボディですが、α6100は軽量なプラスチックボディを採用しています。

 

今までずっと人気だったα6000と同じ質感で、α6000の後継機と感じられる雰囲気です。

α6000もプラスチックボディで以前はずっと使っていましたが、悪天候や激しい使い方をしない限りは問題ありません。

一般的なエントリーモデルのミラーレスの場合は、持つとこにあたるグリップがかなり薄かったりして持ちにくい機種が多いですが、α6100は女性でも持ちやすいしっかりしたグリップを採用しています。

ポイント・コンパクトなのでいつでも高画質なカメラを持ち運びできます。

α6100は大型のAPS-Cセンサーで高画質

α6100は、上位機種のα6600やα6400と同じセンサーや画像処理エンジンが搭載されています。

(高感度は常用感度は同じですが拡張ISO感度最高51200です)

1世代前のα6300と単焦点レンズSEL35F18で撮った写真

一般的なスマートフォンよりもセンサーが、圧倒的に大きいので光を取り込む量が違うので、陰影感のある描写ややわらかくて自然なボケ味を表現できます。

スポンサーリンク

α6100のオートフォーカスは優れています

ソニーのカメラと言えば、オートフォーカスの速さ人の瞳や動物の瞳に自動的に合わせてくれるピント合わせの性能の凄さが売りです。

α6100はα6600やα6400と劣ることない0.02秒の世界最速のオートフォーカス性能が搭載されています。

シャッターボタンを押したら、瞬時にピントを合わせてくれます。

ポイントピンぼけや撮りたい瞬間を逃す確率が大幅に減ります。

設定することにより、静止画でも動画でもリアルタイムでAFが被写体を追ってくれます。

α6100シャッター音

α6100のシャッター音と約11コマ/秒の高速連写です。

オートフォーカスをAF-Cにすると、被写体を追従して高速連写と組み合わせて撮影可能です。

サイレント撮影ももちろん可能で音無で撮影できます。

ソニーストアで試し撮り

ソニーストアのα6100とSELP1650の組み合わせで撮った写真です。

こちらは同じレンズの望遠側で撮った写真です。しっかりワンチャン?の目に瞳AFが効いていました。

自分撮りが簡単にできる、180度チルト可動式液晶モニター

α6100は液晶が180度反転するので自撮りするのに便利です。

4K動画も撮影できるので、手ぶれ補正内蔵のレンズとの組み合わせで、ちょっとしたVLogも撮影可能です。

ローアングル簡単に撮れるので、色々な撮影が可能です。

α6400と比較してどうなの?

α6100の上位機種はα6600とα6400ですが、一番比較しやすいのはα6400です。

基本性能や使いやすさはα6400の良いところを引き継ぎつつ、エントリーモデルとして不要な機能は省いている感じです。

画質やAFの性能はα6400と同じです。

α6100α6400
センサー2420万画素

APS-C

2420万画素

APS-C

アンチダスト機能
スイングパノラマ
最高感度ISO51200ISO102400
ISOISO 100〜32000

(ISO 51200まで)

ISO 100-32000

(ISO 102400まで)

AF速度0.02秒0.02秒
AF仕様
  • 425点(位相差AF)/
  • 425点(コントラスト検出AF)
  • 425点(位相差AF)/
  • 425点(コントラスト検出AF)
シャッタースピード1 / 4000〜30S1 / 4000〜30S
連写11コマ/秒11コマ/秒
連続撮影枚数JPEGエクストラファインL:76フレーム、

JPEGファインL:77フレーム、

JPEGスタンダードL:77フレーム、

RAW:33フレーム、

RAW&JPEG:31フレーム

JPEGエクストラファインL:99フレーム、

JPEGファインL:115フレーム、

JPEGスタンダードL:116フレーム、

RAW:46フレーム、

RAW&JPEG:44フレーム

瞳AFリアルタイム

人と動物瞳AF

リアルタイム

人と動物瞳AF

トラッキングリアルタイムトラッキングリアルタイムトラッキング
サイレント8コマ/秒サイレント8コマ/秒
インターバル撮影
ボディ内手振れ補正なしなし
動画4K304K30
ピクチャープロファイルPP(HLG/S-Log3,/S-Log2)
動画

リアルタイムトラッキング

動画

瞳AF

背面パネル180度回転タッチパネル180度回転タッチパネル
EVF144万ドットEVF259万ドットEVF
ファインダー

フレームレート

STD 60fps / HI 120fps
インターフェイスマイクロフォンジャックマイクロフォンジャック
内蔵フラッシュ
バッテリーファインダー使用時:約380枚
液晶モニター使用時:約420枚
ファインダー使用時:約360枚
液晶モニター使用時:約410枚
質量396g403g
サイズ120.0mm x 66.9mm x 59.4mm120.0mm x 66.9mm x 59.7mm
防塵防滴仕様
発売日10月25日
販売価格89,000円106,886円
α6100α6400

※価格はAmazonの10月18日現在の価格です。

先ほども書きましたが、画質やAF性能はα6400と同じで、ボディの質感やEVFの解像度は落ちています。

またピクチャープロファイルが選択できないと言う制限もありますが、簡単に動画を撮ったりする人は使わないかもしれないので価格を抑えたまとまりのあるカメラに仕上がっています。

《新品》SONY (ソニー) α6100 ボディ ILCE-6100 B ブラック[ ミラーレス一眼カメラ ]
スポンサーリンク

α6100におすすめのレンズ

α6100におすすめのレンズは以下です。

標準ズームレンズ

・SELP1650(レンズキットでセットで販売)

ソニー SONY ミラーレス一眼 α6100 パワーズームレンズキット E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS ブラック ILCE-6100L B
created by Rinker
ソニー(SONY)

単焦点レンズ

・SEL35F18

・SEL50F18

望遠ズーム

・SEL55210(レンズキットでセットで販売)

 

最後に

α6100はα6400やα6600の画質やAF性能を引継ぎつつ、軽量でコンパクトなミラーレス一眼に仕上がっています。

 

では結局、どんな人にα6100は向いているかと言うと

・スマホより綺麗に写真や動画を残したい

・レンズを交換してカメラライフを始めたい、

・軽くてコンパクトなミラーレスが欲しい

・VLogを撮ってみたい

・最新のミラーレスを使ってみたいけど価格は抑えたい

もちろん、フルサイズのサブ機や軽快なスナップカメラとしても使えますよね。

そんなカメラを求めている人にはオススメのミラーレス一眼です。

 

また現在、α6100は発売記念として最大5,000円のキャッシュバックキャンペーンも行っています。

キャンペーン期間(購入期間):2019年10月25日(金)~2020年1月13日(月)

 

・ボディ単体

《新品》SONY (ソニー) α6100 ボディ ILCE-6100 B ブラック[ ミラーレス一眼カメラ ]

・パワーズームレンズキット

ソニー SONY ミラーレス一眼 α6100 パワーズームレンズキット E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS ブラック ILCE-6100L B
created by Rinker
ソニー(SONY)

・ダブルズームレンズキット

 

▼一緒に買っておきたいアクセサリー

ソニー α6100と一緒に購入したいアクセサリー

▼撮れる写真などは基本的に同じなのでα6400の記事も参考に

α6400
「α6400」の記事一覧です。

 

▼11月1日に発売されるフラッグシップのα6600に関してはこちらの記事を参考に

ソニーα6600,α6100,α6400の違い スペック比較

 

この記事を書いた人

神戸・大阪・京都辺りを趣味で撮っています。
コンパクトなカメラで写真・動画・タイムラプスを撮るのが好きです。
現在はRX100M7/a6600/GRIII/ iPhone11Proなど使ってます。
詳細はトップページaboutより

Yuuをフォローする

コメント

関連記事

タイトルとURLをコピーしました