ソニーα6600の予約開始! ▶︎詳細はこちら

ソニーα6600,α6100を発表!α6400とスペック比較

α6400
スポンサーリンク

こんにちは、Yuu(@yuu_u1)です。

ソニーから国内でもα6600とα6100が発表されました。

早速、α6600は先行展示分も見てきましたので写真等も貼っておきます。

α6600

α6100

α6600,α6400,α6100の違いを紹介します。

スポンサーリンク

α6600,α6100の発売日

発売日は

α6600は11月1日

α6100は10月25日

α6600,α6100の販売価格

市場予想販売価格

『α6600』 ボディ160,000円前後
『α6600』 高倍率ズームレンズキット200,000円前後
『α6100』 ボディ  90,000円前後
『α6100』 パワーズームレンズキット100,000円前後
『α6100』 ダブルズームレンズキット120,000円前後
Live
A Special Alpha Universe Livestream

▲発表のライブはこちら終了しました。

α6600

▲ソニーストアの先行展示分のα6600です。実際に触ってきました。

・α6000シリーズのフラッグシップ機として登場

α6600の特徴

 

有効2420万画素APS-C Exmor CMOSセンサー
5軸ボディ内手ブレ補正
・AF/AE追従最高約11コマ/秒連写、最高約8コマ/秒のサイレント連写が可能
リアルタイムトラッキングとリアルタイム瞳AFに対応
動画撮影時もリアルタイム瞳AFやリアルタイムトラッキングに対応
・235.9万ドットEVFを搭載
・92.1万ドットの180度回転背面モニター
・4K30p HDR
・PP(HLG/S-Log3,/S-Log2)
・マイク端子、ヘッドホン端子搭載
・バッテリー:NP-FZ100
・サイズ:120.0mm x 66.9mm x 69.3mm
・重さ:503 g(バッテリー・メモリーカード含む)

α6600:機能説明ビデオ【ソニー公式】

▲α6600の公式動画

α6600の展示分を触ってきました

▲早速、ソニーストアにて実機を触ってきました。

α6400の機能をα6500に追加して、さらにZバッテリーやグリップを大きくした感じでした。

▲上から見るとこんな感じです。一緒に発表されたE 16-55mm F2.8G(SEL1655G)と相性がいいですね。

E 16-55mm F2.8G(SEL1655G)はレンズ内に手ぶれ補正が搭載されていないので、ボディ内手ぶれ補正内蔵のα6600と非常に使いやすかったです。

▲内蔵フラッシュが廃止されています。

質感はα6400とまた違った感じでマットですがサラッとした感じです。

▲α6400同様に180度反転可能な背面ディスプレーを搭載しています。

▲ローアングルも撮影可能です。

▲最近のフルサイズ機と同じZバッテリーになり、撮影枚数も倍以上に伸びています。普段予備バッテリーを1本持って行っていた場合はそれが必要なくなるので身軽にカメラを持って出かけられますね。

またフルサイズのサブ機としてもバッテリーを統一できるのは嬉しいですね。

SONY a6600+SEL1655F28Gの動画手持ちテスト

▲a6600とSEL1655Gの手持ちで手ぶれ補正のチェックです。カメラが紐に繋がれていたのでカメラを振るぐらいしかできていませんが雰囲気だけでも参考にしてみて下さい。

ちなみにα6500と手ぶれ補正の効果は同じ5.0段分です。

▲a6600にSEL1655F28Gを付けて16mm(35mm換算24mm)の開放で撮ってみました。

▲同じ位置から一番望遠側の55mm(35mm換算82.5mm)で撮った写真です。

α6600を触った感想

α6600を触ってきて感じた事は、α6400よりもグリップが大きくなり外観からはAPS-Cのフラッグシップとしての印象を感じます。

そしてボディ内手ぶれ補正とレンズ側に手振れ補正がついてない場合でも安心して使えるので、フルサイズのレンズを使う場合にも相性がいいカメラです。

また進化したAFもα6400同様にバシバシ決まります。

α9のようなブラックアウトフリーではないですが、現段階ではソニーの最新技術を詰め込んだ機種でコンパクトなミラーレスを求めているなら購入検討に入れてもいいと思います。

α6600とα6500を比較。α6600について思う事

▲こちらにはα6500との比較や欲しかった機能なども書いています。

α6100

続いてα6600と同時に発表されたα6100です。

こちらはα6600より一足早く10月25日に発売です。
『α6100』 ボディ  90,000円前後
『α6100』 パワーズームレンズキット  100,000円前後
『α6100』 ダブルズームレンズキット  120,000円前後

α6100の先行展示は10月上旬なのでまだ実機は触れていません。

α6100の特徴

  • α6000シリーズのスタンダード機
  • 有効2420万画素のAPS-C Exmor CMOSセンサー
  • AF/AE追従最高約11コマ/秒連写、最高約8コマ/秒のサイレント連写が可能
  • 144万ドットEVFを搭載
  • 92.1万ドットの180度回転背面モニター
  • 4K30P
  • バッテリー:NP-FW50
  • サイズ:120.0mm x 66.9mm x 59.4mm
  • 重さ:396 g(バッテリーメモリーカード含む)
  • カラー:ブラック・ホワイト・シルバー
Sony | α | α6100 l Product Feature

▲α6100

α6600,α6100,α6400のスペック比較

α6600はα6400をベースにボディ内手ぶれ補正や待望のZバッテリーを搭載、そしてグリップの大型化をしてきました。

α6100はα6400より高感度が低く動画性能(ピクチャープロファイル)が搭載されていません。

しかし、基本的なAF性能はほとんど同じような感じなので動画重視じゃない人はα6100でよさそうです。

α6600とα6600の共通の新機能

・高速(0.02秒)・高精度・高追従AF性能
・リアルタイムトラッキングとリアルタイム瞳AFに対応
・180度チルト可動式液晶モニター搭載
・タッチ操作によるスムーズなフォーカス位置の選択や移動が可能

α6600のみの機能

・光学式5軸ボディ内手ブレ補正
・高容量バッテリー『NP-FZ100』(Zバッテリー)に対応。EVFで撮影枚数約720枚。
・画素加算のない全画素読み出しによる解像力の高い4K動画記録(4K24p時)
・動画撮影時のリアルタイム瞳AFやリアルタイムトラッキングに対応
・HLG(Hybrid Log-Gamma)やS-Log2,3に対応
・ヘッドホン端子を搭載

 

▼この記事ではα6600,α6100,α6400のスペック比較なのでα6500との比較が気になる人は以下

α6600とα6500を比較。α6600について思う事

α6600,α6100,α6400のスペック比較

α6600,α6100,α6400のスペック比較です。

ポイント現在α6400は2019年8月30日(金)~2019年9月30日(月)の間、

最大15,000円のキャッシュバックキャンペーン中

 

2019 ソニー 秋のミラーレス キャッシュバック | α6400

 

表は左右にスライド可能です。

α6600α6100α6400
センサー2420万画素

APS-C

2420万画素

APS-C

2420万画素

APS-C

アンチダスト機能●(α6400と異なる機能)
スイングパノラマ
最高感度ISO102400ISO51200ISO102400
ISO 100-32000

ISO 50~ISO102400まで

ISO 100〜32000

(ISO 51200まで)

ISO 100-32000

(ISO 102400まで)

AF速度0.02秒0.02秒0.02秒
AF仕様
  • 425点(位相差AF)/
  • 425点(コントラスト検出AF)
  • 425点(位相差AF)/
  • 425点(コントラスト検出AF)
  • 425点(位相差AF)/
  • 425点(コントラスト検出AF)
シャッタースピード1 / 4,000から30S1 / 4,000から30S1 / 4,000から30S
連写11コマ/秒11コマ/秒11コマ/秒
連続撮影枚数JPEGエクストラファインL:99フレーム、

JPEGファインL:115フレーム、

JPEGスタンダードL:116フレーム、

RAW:46フレーム、

RAW&JPEG:44フレーム

JPEGエクストラファインL:76フレーム、

JPEGファインL:77フレーム、

JPEGスタンダードL:77フレーム、

RAW:33フレーム、

RAW&JPEG:31フレーム

JPEGエクストラファインL:99フレーム、

JPEGファインL:115フレーム、

JPEGスタンダードL:116フレーム、

RAW:46フレーム、

RAW&JPEG:44フレーム

瞳AFリアルタイム

人と動物瞳AF

リアルタイム

人と動物瞳AF

リアルタイム

人と動物瞳AF

トラッキングリアルタイムトラッキングリアルタイムトラッキングリアルタイムトラッキング
サイレント8コマ/秒サイレント8コマ/秒サイレント8コマ/秒
インターバル撮影
ボディ内手振れ補正ボディ内5軸手ぶれ補正

5.0段分

動画4K30 HDR4K304K30 HDR
ピクチャープロファイルPP(HLG/S-Log3,/S-Log2)PP(HLG/S-Log3,/S-Log2)
動画

リアルタイムトラッキング

動画

瞳AF

リアルタイム瞳AF
背面パネル180度回転タッチパネル180度回転タッチパネル180度回転タッチパネル
EVF259万ドットEVF144万ドットEVF259万ドットEVF
ファインダー

フレームレート

STD 60fps / HI 120fpsSTD 60fps / HI 120fps
インターフェイスマイクロフォンジャック

ヘッドフォンジャック

マイクロフォンジャックマイクロフォンジャック
内蔵フラッシュ
バッテリーZバッテリー

約 720枚(ファインダー)/

約 810ショット(LCDモニター

Wバッテリー(420枚)

約 380枚(ファインダー)

/約 420ショット(LCDモニター)

Wバッテリ-
質量503g396g403g
サイズ120.0mm x 66.9mm x 69.3mm120.0mm x 66.9mm x 59.4mm120.0mm x 66.9mm x 59.7mm
防塵防滴仕様
発売日11月1日10月25日
販売価格160,000円前後90,000円前後96,490円(アマゾン)
α6600α6100α6400

個人的にα6400を使っている者としては、α6400は動画も静止画も非常にバランスの取れた機種だと感じます。

α6600を求める人は、フルサイズ機とのレンズ(フルサイズのレンズはレンズ手ぶれ補正が非搭載)やバッテリーが共有しやすいメリットがあります。

 

α6400は2019年8月30日(金)~2019年9月30日(月)の間、最大15,000円のキャッシュバックキャンペーン中

2019 ソニー 秋のミラーレス キャッシュバック | α6400

Newレンズも登場

Sony | α | Lens | Unveil | E 16-55mm F2.8 G / E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS

APS-Cの新しいレンズも登場です。

商品名型名発売日メーカー希望小売価格
デジタル一眼カメラα Eマウント用レンズ『E 16-55mm F2.8 G』 SEL1655G10月25日153,000円+税
『E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS』 SEL70350G109,000円+税

E 16-55mm F2.8G(SEL1655G)

Sony | Lens | E 16-55mm F2.8 G | Product Feature

E 16-55mm F2.8G(SEL1655G)のAPS-Cの大三元レンズが初めてリリース予定です。

35mm換算で24mm-82.5mmです。

『E 16-55mm F2.8 G』の主な特長

  • 高度非球面AA(advanced aspherical)レンズ2枚と非球面レンズ2枚を採用し諸収差を補正することで、ズーム全域で画面周辺までの高い解像性能を実現。
  • ED(extra-low dispersion)ガラス3枚を効果的に配置することで色収差を良好に補正し、画面周辺での色にじみを抑制。
  • 9枚羽根の円形絞りと、ぼけ味を左右する球面収差の最適化により、Gレンズならではの美しいぼけ描写が可能。
  • ナノARコーティングの採用によりフレア・ゴーストを抑制し、クリアで抜けの良い高画質を実現。
  • 最新の光学設計とメカニカル設計により、焦点距離16mmから55mm(35mm判換算24-82.5mm相当)までのズーム全域開放F値2.8と、最大径73mm×長さ100mm、質量約494gの小型軽量サイズを両立。
  • レンズのフォーカス駆動部には、Gマスターにも使われる最先端技術のXD(eXtreme Dynamic)リニアモーターを搭載し、高速・高精度・高追従かつ動画撮影にも適した静粛なAFを実現。
  • カスタマイズ可能なフォーカスホールドボタン、リニア・レスポンスMFなど、撮影現場での操作をサポートする機能を搭載。
  • 屋外での様々な環境下での使用を考慮し、防塵防滴に配慮した設計と、レンズ最前面への汚れが付きにくいフッ素コーティングを採用。

▲a6600にSEL1655Gを付けて16mm(35mm換算24mm)の開放で撮ってみました。

▲同じ位置から一番望遠側の55mm(35mm換算82.5mm)で撮った写真です。

E 70-350mm F4.5-6.3G(SEL70350G)

Sony | Lens | E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS | Product Feature

もう1本は、望遠レンズで、E 70-350mm F4.5-6.3G(SEL70350G)

35mm換算で105mm-525mmです。

こちらは手ぶれ補正内蔵です。

『E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS』の主な特長
  • 非球面レンズを効果的に配置し、諸収差を補正することでズーム全域で画面周辺までの高い解像性能を実現。
  • 効果的に配置したEDガラス3枚により色収差を良好に補正し、画面周辺での色にじみを抑制。
  • 最新の光学設計とメカニカル設計により、焦点距離70mmから350mm(35mm判換算105mm-525mm相当)までの5倍ズームをカバーしながら、高い機動性を有する最大径77mm×長さ142mm、質量約625gの小型軽量サイズを実現。
  • レンズのフォーカス駆動部には、Gマスターにも使われる最先端技術のXDリニアモーターを搭載し、高速・高精度・高追従かつ動画撮影にも適した静粛なAFを実現。
  • 超望遠撮影をサポートする光学式手ブレ補正機構を搭載。
  • カスタマイズ可能なフォーカスホールドボタン、AF/MF切替が可能なフォーカスモードスイッチ、レンズ携行時に自重で鏡筒が伸びる事を防ぐズームロックスイッチなど、撮影現場での操作をサポートする機能を搭載。
  • 屋外での様々な環境下での使用を考慮し、防塵防滴に配慮した設計を採用。

α6400に付けて70mm(35mm換算105mm) で撮影。

同じ位置から350mm(35mm換算で525mm)で撮影。

最後に

左からα6500,α6400,α6300

α6000シリーズのフラッグシップのα6600と気軽にミラーレス一眼を始められるα6100が発表されました。

世代はα6400のベースになっているので、α6400を使っていると若干α6500はレスポンスやAFの遅さが目立つようになってきました。比較しなかったら全く問題ないα6500ですが。

おそらく僕はα6500からα6600に買い替え予定です。

(追記:9月3日にα6600とSEL1655Gを予約しました)

 

最後に個人的にα6600とα6100はどんな人に向いているのか書いてみます。

写真の写りは、基本的にα6400も含めて3台ともほぼ同じで、写りの表現はどのレンズを使うかで変わってきます。

 

α6600が向いている人・α6500を使い倒して買い替えの人

・フルサイズ機のサブとして使いたい人(レンズもバッテリーも共有可能)

・α6400や6300を使っていて手振れ補正が欲しい人(フルサイズやオールドレンズを使うなど)

・フラッグシップとして風格や耐久性を求めるカメラを検討している人(シャッター耐久回数20万回)

・ロングバッテリーでミラーレスを楽しみたい人(α6500の2.2倍)

 

α6100が向いている人・気軽にミラーレス一眼を始めたい人

・子供を撮るのにAFが早くてコンパクトなミラーレスが欲しい人

・動画はあまり撮らない人(動画も撮れます)

発売日と価格

・α6600は11月1日

『α6600』 ボディ  160,000円前後
『α6600』 高倍率ズームレンズキット  200,000円前後

・α6100は10月25日

『α6100』 ボディ  90,000円前後
『α6100』 パワーズームレンズキット  100,000円前後
『α6100』 ダブルズームレンズキット  120,000円前後

・SEL1655GとSEL70350Gは両方とも10月25日

『E 16-55mm F2.8 G』 SEL1655Gは153,000円+税
『E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS』 SEL70350G は109,000円+税

先行予約は全て9月3日(火)10:00〜から

<先行展示>

ソニーショールーム/ソニーストア 銀座では8月31日(土)より、ソニーストア 札幌、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪、ソニーストア 福岡天神では9月1日(日)より、『α6600』を展示。

『α6100』は、10月上旬の展示を予定。

詳細は、以下のURLより。

2019.8.29 国内の発表に伴い更新しました。

▼α6600,α6100,α6400のスペック比較なのでα6500との比較が気になる人は以下を

α6600とα6500を比較。α6600について思う事

コメント

関連記事

タイトルとURLをコピーしました