趣味で写真や動画撮ってます

モバイルバッテリー Anker PowerCore III Fusion 5000を予約しました。

アクセサリー

こんにちは、Yuu(@yuu_u1)です。

Ankerのモバイルバッテリー兼充電器として使える有名なPowerCore Fusion 5000に新しいモデルが登場します。

18WのPDに対応した「Anker PowerCore III Fusion 5000」です。

発売は7月14日です。

モバイルバッテリーにもなるし充電器にもなるし、前モデルは2台買ったほど愛用していました。

1台で2役こなすハイブリッドなモバイルバッテリー Anker「PowerCore Fusion 5000」 #iPhone7Plus | LifeStyle STANDARD
外出先でスマホを使用する時間が増えると気になるのがバッテリーの減りです。 そうなってくるとスマホと手放せなくなってくるのがモバイルバッテリーまたはUSB電源アダプタです。 今回、購入したのはその2つがオールインワンとなった充電器、Anker「PowerCore Fusion 5000」です。 オールインワン充電器「Po

▲最初にブラックを購入して

▲ブラックが使えなくなったのでホワイトを購入して使っていました。

しかし、今はiPhoneが18Wの充電になったので最近は全く使っていませんでした。

スポンサーリンク

最近はcheero Power Plus 5を使っています

最近はcheero Power Plus 5の10000mAhと15000mAhの2つを使い分けていました。

▲iPhone 11 Proと比べてもこのサイズ感です。

▲ブラックの方は15000mAhでPD45Wですから、このコンパクトさでMacBook AirやiPad Pro 11が充電できます。

荷物を軽くしたい僕にとってはかなり重宝しているモバイルバッテリーです。

しかしPowerCore Fusion 5000がPD対応

「Anker PowerCore III Fusion 5000」がPD対応になったので即予約しました。

その他にもいろいろと進化しているようですが、モバイルバッテリーと充電器として使える「Anker PowerCore III Fusion 5000」がPDに対応しただけでも非常に価値があります。

本音を言うともう少し容量は欲しかったですが、また「Anker PowerCore III Fusion 5000」に頼る生活をしてみようかなと思っています。

ケーブルはAnker PowerLine+ III USB-Cがめちゃくちゃ頑丈なのでおすすめです。

PowerCore III Fusion 5000

PowerIQ 3.0 (Gen2) に進化した USB急速充電器 / モバイルバッテリー の一体型モデル

製品の仕様

サイズ:約78 x 71.5 x 30mm

重さ:約176g

入力:100 – 240V〜0.6A 50 – 60Hz

USB-A 出力:5V=2.4A

USB-C 出力:5V=3A, 9V=2A (USB-Cポートは出力専用です)

合計最大出力:

・18W (USB-Cポート単体充電時)

・15W (2ポート同時充電時)

容量:4850mAh

コメント

関連記事

タイトルとURLをコピーしました