iPad mini 5で簡単な4K動画を編集してみた

レビュー
Processed with VSCO with g7 preset

こんにちはYuu(@yuu_u1)です。

先週久々に発売されたiPad miniですが、やっぱりあのサイズ感がよくて買ってしまいました。

今年の2月に入りMacBook Proを持ち運ぶのが嫌になりiPad Pro 11インチを買ったところですが、どうしても軽量なサイズ感が好きな自分にとってiPad Pro 11インチを持ち運ぶのも苦になってきました。

iPad Pro 11 を購入。
こんにちはYuu(@yuu_u1)です。先日ようやく買う買うと言っていたiPad Pro 11インチを購入しました。購入の理由はいま使っている第6世代 iPad 9.7インチが大量のRAWデー...

性能的にはProは非常に満足しています。ですがminiのサイズ感には負けてしまいました。

通常サイズのサコッシュにiPad miniを入れても余裕の隙間が空きますから。これは非常に荷物が軽量になりました。

で、軽量になったけどiPad miniの性能はどんなものなのかと言うのが1番のポイントです。

自分のiPadの主な使い方は以下です。

・写真の現像 (Lightroom)

・簡単な動画編集

・ブログの投稿

・その他ネットや動画・雑誌などの閲覧

70%以上が写真の現像に使っています。

 

今回の記事ではタイトルのように動画編集に絞った内容なので、それ以外の事は今回は書きませんが最新のiPhone Xsと同じNeural Engineを搭載した「A12 Bionicチップ」が使われています。

iPad Pro 11が「A12X Bionicチップ」なので劣りますが、今は動画や雑誌の閲覧専用になってしまったiPad第6世代の「A10 Fusionチップ」でもあまり不満なく動いていたので、今回のiPad miniはかなり期待していました。

スポンサーリンク

4K動画を軽く編集してみた

今回使ったデータはソニーα6400で撮影した4K動画(XAVC S 4Kの約100Mbps)、25カットです。

編集方法は1カット約10秒前後の動画をカットしてタイトルを入れたりするだけの簡単な感じで、どのくらいスムーズに動くか試してみました。

使用した動画編集ソフトは「LumaFusion」です。

動作は編集から書き出しまでの間にアプリが落ちることもなく4Kの各カットの映像もスムーズに見ながら編集できて非常に満足のいく動きでした。

各カットにはAdobeのPremiere Proでいつも使っているLUTをインポートして使ったりしてグレーディングも行う事ができました。

そして驚いたのが、書き出しの時間です。

上のスクリーンショットではエクスポート時間が2分2秒と表示されています。

約2分弱の4K画質100Mbpsの映像を約2分で書き出してくれました。

いやいや自分が使っているMacBook Pro 2016の13インチはストレージ以外はフルスペックのカスタマイズしていますが、こんな感じの動画なら書き出しに10分以上かかります。

 

それがわずか2分ほどで書き出してくれるのだから感動です。
ちなみにiPad Pro 11インチも同じくらいの時間で書き出してくれました。

まだまだ細かな動画編集はできていませんが、このくらいパワフルであると簡単に持ち出して動画の編集などが簡単にできます。

↑今回編集した動画はこちら。
簡単な映像なのでツイッターのみにアップしています。

あと、アップルペンシルが使えるようになったので動画編集や写真の現像時に指では操作しにくい動きが可能になりました。

 

コメント