コンパクトなカメラで撮っています。

ZV-1で動画撮影 | Photo Journal vol.181

ブログ

こんにちは、Yuu(@yuu_u1)です。

SONY ZV-1 (ZV1) Cinematic 4K Video TEST

ZV-1を購入してからすぐに撮った動画です。

海外の人からかなり好評で再生数もかなり伸びてきました。

この動画を見てZV-1を購入すると決めてくれた人も多く、RX100M7やα6600とどちらがいいかなど検討してくれている人も多いようです。

本当に参考にして頂き幸いです。

で、今回の動画は敢えてジンバルを使って撮影しました。

(手持ちで撮影した動画の紹介はまた別記事にします)

使用したのはZhiyunのCrane M2を使って撮影しました。

ZV-1におすすめのジンバル Crane M2

ジンバルを使わなくてもZV-1の手ぶれ補正はソニーの従来のRX100M7に比べて強力になっています。

ZV-1の手振れ補正ZV-1には2パターンの電子手振れ補正が搭載

・スタンダード

・アクティブ(画角が狭なくなる)

しかし、4Kで手振れ補正をアクティブにすると約35mmくらいまでクロップされます。

なので、できるだけクロップを抑えて画角を広く撮りたかったのでジンバルを使って撮影しました。

スポンサーリンク

動画の設定

この時の動画の設定は以下です。

動画モード シャッタースピード優先

4K24p

ピクチャープロファイル PP10(HLG2)

シャッタースピード 1/60s

ISOオート(上限4000)

ホワイトバランスオート

編集ソフトはAdobe Premiere Pro

SONY ZV-1 (ZV1) Cinematic 4K Video TEST
使用カメラなど
関連記事
ZV-1
「ZV-1」の記事一覧です。
ZV-1におすすめのジンバル Crane M2
Zhiyun Crane M2の取り付けが簡単に!「SmallRig アルカスイス互換クランプ」が便利
【ZV-1のバッテリー交換を解決】SmallRig Sony ZV-1用 L型グリップ | ピークデザインのアンカーも取り付け可能

コメント

関連記事

タイトルとURLをコピーしました