ソニーα6600の予約開始! ▶︎詳細はこちら

iPhone 11 Proの超広角で夜景を綺麗に撮る方法

撮影方法・編集

こんにちは、Yuu(@yuu_u1)です。

iPhone 11シリーズにはナイトモードが搭載されて夜でも綺麗に撮れるようになりました。

①ナイトモード

▲iPhone11Proのナイトモードで撮った夜景

でも実は、ナイトモードが作動するのは広角カメラと望遠カメラのみなんですよね。

ポイント・ナイトモードは広角・望遠カメラで使える(超広角カメラは不可)

iPhone 11シリーズの新しい超広角カメラにはナイトモードが搭載されていません

そして、超広角カメラには手振れ補正もないので夜の写真はあまり綺麗くないんですよね。

▲普通に超広角カメラで撮ったらこんな感じです。かなりザラザラしてノイズが出てます。

ISO1600まで上がっていました。

今回はこれよりか綺麗に超広角カメラで夜景を撮る方法を紹介します。

スポンサーリンク

iPhone 11シリーズの超広角カメラで夜景を綺麗に撮る方法

▲先ほどと同じ位置から撮った夜景ですがどうでしょうか?コーナンの建物は白飛びさせてしまいましたが、ノイズがかなり無くなっていませんか?

ISO80 シャッタースピード1秒で撮りました。

分かる人は分かったと思いますが、マニュアルでISOとシャッタースピードを変えれるアプリを使って撮りました。

ProCam 7

ProCam 7

Samer Azzam¥730posted withアプリーチ

Camera+ 2

Camera+ 2

LateNiteSoft S.L.¥490posted withアプリーチ

僕の知っている限りではこの2つのアプリが超広角でマニュアル撮影ができます。但し、超広角はRAWで記録できません。(広角や望遠はRAWで記録できます)

今回使ったのは高解像度で残せるTIFFで残せるProCamを使いました。(ブログ用ならJPEGの方がいいです。)

ProCamを使ってマニュアル撮影

撮影方法はProCamを立ち上げるとデフォルト画面の「写真」モードになります。

その画面で

①の画角を選択します。(超広角は.×0.5です)

②シャッタースピードを夜景を明るく撮るために1/1secに近づけます。

(iPhoneはシャッタースピード1秒までです。)

③ISOは極力小さくします。(大きくなるとノイズが出やすいです)

②③の設定はそれぞれタップして、右のメーターをスライドさせて調整します。

調整のポイント

僕の場合は、まずISOを最小まで下げて、その後シャッタースピードを遅く(1/1sに近づける)していきます。

ISO最小、シャッタースピード1/1sでも暗い場合は、あとはISOしか明るさを上げれないのでISOを少しずつ上げていき適正な明るさに調整します。

撮影のポイントシャッタースピードが1/1sに近づくほど遅くなり手振れが起きて、写真がブレるので一番は三脚を使うのがBESTです。

しかし、iPhoneと三脚を持っている人は少ないので、出来るだけどこかに固定して撮るといいです。

あと固定できるなら画面右側の黄色のタイマーをセットして撮るとさらにブレを防げます。

マニュアル撮影した超広角の夜景

▲マニュアルで撮った夜景

▲通常で撮った写真

▲マニュアルで撮った夜景

▲通常で撮った写真

 

▲マニュアルで撮った夜景

▲通常で撮った写真

これらは手持ちでガラス窓に固定したり壁に立てかけたりして撮りました。

スポンサーリンク

最後に

iPhone 11シリーズから搭載された超広角カメラとナイトモードは非常に便利な機能です。

しかし、その超広角とナイトモードの組合せで撮ることができません。

そのため超広角で撮った夜景と広角、望遠の夜景では大きく画質に違いを感じ疑問に思う人もいるかもしれません。

そんな時にアプリを使って極力綺麗に撮ることが可能です。

是非、iPhoneの超広角カメラで夜景を撮る事があればアプリを使って撮ってみて下さい。

ProCam 7

ProCam 7

Samer Azzam¥730posted withアプリーチ

Camera+ 2

Camera+ 2

LateNiteSoft S.L.¥490posted withアプリーチ

こちらの記事もどうぞ!

iPhone 11 Pro 購入 超広角カメラは凄くいい

コメント

関連記事

タイトルとURLをコピーしました