ソニー α6600におすすめのレンズ

レンズ

こんにちは、Yuu(@yuu_u1)です。

ソニーのAPS-Cのフラッグシップα6600が発表されましたね。

α6600にどんなレンズを付けて写真を撮ろうか?

そもそもどんなレンズがあるの??

と言うことで、

前モデルのα6500やα6000、α6300、α6400も使ってきた経験から自分なりにオススメのレンズを説明します。

スポンサーリンク

ミラーレスα6600はEマウント

その前にα6600用のレンズが載っている公式ホームページから少し調べ方を書いておきます。

ソニーのカメラにはEマウントとAマウントがあり、ミラーレスはEマウントと呼ばれるマウントです。

ポイントα6600はEマウントです。

▲ソニーのホームページではこんな表示です。

補足マウントとは簡単に説明すると写真のシルバーの円の部分です。
メーカーなどによってこのマウントが異なるのでカメラにレンズを付ける場合は、そのカメラに適合したレンズを用意する必要があります。(ここでは詳しく書きませんが、マウントアダプターを付けると他社のレンズも付けれます)

ソニーのミラーレスにはAPS-C用とフルサイズ対応がある

ソニーのEマウントのレンズのページを見ると上のように「35mmフルサイズ」と「APS-Cフォーマット」と記載されているように、ソニーのミラーレスは2種類のセンサーのカメラがあります。

今回紹介するソニーのα6600はAPS-C機なので基本的には、「APS-Cフォーマット」のレンズを選びます。

ポイントα6600はAPS-Cセンサー

しかし、ソニーのミラーレスはフルサイズとAPS-Cは同じマウントなのでどちらともα6600で使えます。

そしてα6600のようなフラッグシップになるとフルサイズ用も視野に入ってきます。

今回は分かりやすいようにAPS-C専用中心に紹介します。

レンズを選ぶときのポイント

初めて一眼カメラを買う人はどのレンズを買えばいいか分からないと思います。

レンズの種類にはズームレンズ単焦点レンズがあり、

ポイントズームレンズ:焦点距離を変えれるレンズ

単焦点レンズ:焦点距離が固定

さらに広角レンズ標準レンズ望遠レンズなどがあります。それぞれ使う用途で選ぶレンズが違ってきます。

 

一応、簡単に選ぶときのポイントなど書いておきます。

レンズを選ぶときのポイント・どんなものを撮るか

・ズームレンズか単焦点レンズか

・焦点距離

・F値

・最短撮影距離

・撮影倍率

・手ぶれ補正の有無

レンズに書いている表記

おすすめレンズをお伝えする前に、最後にレンズに書かれている表記を説明しておきます。

※全てのレンズが同じように記載されている訳ではありませんが一応参考までに。

説明するレンズはこれからおすすめするレンズです。

ズームレンズの場合

ズームレンズは名前の通り、焦点距離が変わるレンズです。それに伴いF値がズームする事で変動します。中にはF値固定のレンズもあります。

ポイント・F値によってレンズの明るさやボケの量が変わります。

 

・F値が小さいレンズの方が高価で明るくボケの量が多い

 

・ズームしてもF値が変わらないレンズもある

このレンズはSELP1650 (E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS)です。

焦点距離:16-50m

F値:3.5-5.6

と言う意味です。

単焦点レンズの場合

単焦点レンズはズームレンズと違い焦点距離を変える事ができません。その代わりF値が明るく、背景をよりボカせたり写りが良かったりします。

α6600にオススメのレンズ

お待たせしました。ようやくレンズの紹介をします。

最初にズームレンズを紹介しておきますが、個人的に日常使いならこの後紹介する単焦点レンズの方がおすすめです。

ズームレンズ編 5本:α6600にオススメレンズ

おすすめレンズと言えば、既にα6600にはレンズキットと言ってはじめからオススメのレンズがセットになっているものも販売されています。

① 高倍率ズーム:E 18-135mm F3.5-5.6 OSS (SEL18135)

E 18-135mm F3.5-5.6 OSS (SEL18135)はα6600とセットになっているキットレンズです。

特徴としては使用頻度の高い広角27mmから望遠202.5mm相当(35mm判換算)の高倍率ズームレンズで、日常のスナップから旅行までこれ1本でカバーできる便利なズームレンズです。

35mm換算27-202.5
開放絞り (F値)3.5-5.6
最小絞り22-36
絞り羽根7
最短撮影距離 (m)0.45
最大撮影倍率 (倍)0.29
フィルター径 (mm)55
手振れ補正
サイズ67.2 x 88
重さ325g

② 標準ズーム:E 16-55mm F2.8 G (SEL1655G)

APS-Cとしての初めてのF2.8通しのズームレンズが10月に発売されました。

35mm換算で24-82.5mmと広角から中望遠までカバーしている標準ズームです。

 

α6600をボディ単体で購入した人に「オススメのズームレンズは?」

と、聞かれるとこのSEL1655Gを一番最初におすすめします。

10月11日に発売されたばかりで、現時点では一番高性能な標準ズームレンズです。

もちろん値段もそれなりにしますが・・・

α6600の発表と同時に発表されたレンズです。

 

F2.8より明るいレンズを求めない限り、標準レンズとしては最強のレンズです。

▲SEL1655Gで撮った写真

▼僕もα6600と一緒に使う予定で購入したので以下の記事に作例なども含めてレビューを書いています。

ソニー SEL1655Gレビュー( E16-55mm F2.8G)
35mm換算24-82.5
開放絞り (F値)2.8
最小絞り22
絞り羽根9
最短撮影距離 (m)0.33
最大撮影倍率 (倍)0.2
フィルター径 (mm)67
手振れ補正無し
サイズ73×100
重さ494g

▼こちらの記事も参考に

ソニー SEL1655Gレビュー( E16-55mm F2.8G)

③ 標準ズーム:Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS(SEL1670Z)

このレンズも標準ズームレンズで35mm換算で24-105mmと普段の使うレンズとしては非常に使いやすいレンズです。

開放F値はF4通しで、ズームしても変わらないのが特徴です。

先ほど紹介したSEL1655Gと比較されがちですが、このレンズはF4通しと言う事でコンパクトさが特徴です。

35mm換算24-105
開放絞り (F値)4
最小絞り22
絞り羽根7
最短撮影距離 (m)0.35
最大撮影倍率 (倍)0.23
フィルター径 (mm)55
手振れ補正
サイズ66.6 x 75
重さ308g

④ 超広角ズーム:E 10-18mm F4 OSS(SEL1018)

一番にはおすすめはしないレンズですが、換算で15-27mmの超広角の画角で撮影できます。

建築物や室内の写真、風景などに使うのにおすすめです。

▲ワイド端の超広角15mmで撮った場合

▲テレ端の超広角27mmで撮った場合

35mm換算15-27
開放絞り (F値)4
最小絞り22
絞り羽根7
最短撮影距離 (m)0.25
最大撮影倍率 (倍)0.1
フィルター径 (mm)62
手振れ補正
サイズ70.0 x 63.5
重さ225g

⑤ 望遠ズーム:SEL70350G

このレンズはα6600と同時に発表された望遠レンズです。

35mm換算で105-525mmの焦点距離をカバーしています。

α6600のAPS-C用の望遠レンズならこれがオススメです。

35mm換算105-525
開放絞り (F値)4.5-6.3
最小絞り22-32
絞り羽根7
最短撮影距離 (m)1.1m-1.5m
最大撮影倍率 (倍)0.23
フィルター径 (mm)67
手振れ補正
サイズ77 x 142
重さ625g
《新品》 SONY (ソニー)E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS SEL70350G[ Lens | 交換レンズ ]

単焦点レンズ編 3本:α6600におすすめのレンズ

ここまではズームレンズを紹介してきましたが、続いてはズームできない焦点距離が固定の単焦点レンズを紹介します。

① 標準単焦点:E 35mm F1.8 OSS(SEL35F18)

まずはSEL35F18です。

このレンズは一番自分は使っていて非常に便利なので、単焦点の中ではこれを一番にオススメします。

35mm換算で52.5mmのF1.8の明るい単焦点レンズです。

単焦点レンズはズームが出来ない焦点距離が固定されたレンズです。

しかし、F値が明るく背景をボカしたり、夜でも明るく撮影出来ます。

 

正直、これは最初に購入しても問題無いレンズです。

52.5mmと人の視野に一番近い画角で風景、スナップ、ポートレートと結構何でも綺麗に撮れます。

ポイント・人の視野に近い焦点距離

・F1.8と明るく背景を綺麗にボカせる

・コンパクトでずっと付けておける

35mm換算52.5
開放絞り (F値)1.8
最小絞り22
絞り羽根7
最短撮影距離 (m)0.3
最大撮影倍率 (倍)0.15
フィルター径 (mm)49
手振れ補正
サイズ63 x 45
重さ154g

▼こちらの記事も参考に

SEL35F18
「SEL35F18」の記事一覧です。

② 標準単焦点:SIGMA 30mm F1.4 DC DN | Contemporary

こちらもオススメの単焦点レンズです。

35mm換算で45mmと先ほどのSEL35F18より、少し広く撮れて開放F値も1.4と非常に明るくオススメです。

よくSEL35F18と比べられます。

 

ポイント・標準画角 焦点距離30mm (35mm換算で45mm )

・開放F1.4

・価格がお手頃

・コンパクト(F1.4と言う開放F値として)

▼こちらの記事を参考に

【SIGMA 30mm F1.4 DC DN | Contemporary レビュー】α6500,α6400におすすめの単焦点 その②
35mm換算45
開放絞り (F値)1.4
最小絞り22
絞り羽根9
最短撮影距離 (m)0.3
最大撮影倍率 (倍)0.14
フィルター径 (mm)52
手振れ補正無し
サイズ64.8× 73.3
重さ265g

③ 中望遠単焦点:SIGMA 56mm F1.4 DC DN | Contemporary

最後に「SIGMA 56mm F1.4 DC DN | Contemporary」で35mm換算84mmの中望遠レンズです。

僕が街中で使うレンズは先ほど紹介したSEL35F18の換算52.5mmの標準画角と、このレンズを非常によく使っています。

ポイント・標準画角 焦点距離56mm (35mm換算で84mm )

・開放F1.4で非常にボケてくれます。

・価格がお手頃

・コンパクト(F1.4と言う開放F値として)

35mm換算84
開放絞り (F値)1.4
最小絞り22
絞り羽根9
最短撮影距離 (m)0.5
最大撮影倍率 (倍)0.13
フィルター径 (mm)55
手振れ補正無し
サイズ66.5 x59.5
重さ280g

▼こちらの記事も参考に

SIGMA 56mm F1.4 DC DN
「SIGMA 56mm F1.4 DC DN」の記事一覧です。

最後に

ソニーのレンズも増えてきて、そして今回はAPS-C専用のレンズだけでしたが、α6600はボディ内手ぶれ補正を搭載しているので、レンズ内に手振れ補正の無いフルサイズのレンズも使えるので色々と悩ましいところです。

僕は基本的に上の写真のレンズを使っています。

左から

SIGMA 56mm F1.4 DC DN (単焦点レンズ)

SONY SEL35F18 (単焦点レンズ)

SONY SEL1655G (標準ズームレンズ)

SONY SEL1018 (超広角ズームレンズ)

普段使いは軽くてコンパクトな単焦点レンズSEL35F18を付けています。

広角から中望遠まで使う時や動画を撮るときはSEL1655Gを1本だけ持っていくこともあります。

SEL1018は室内を広く撮る時やタイムラプスで風景を広く撮るときに使っています。

SIGMA56mmはスナップの時によく使います。

色々シーンによって使い分けている感じですが、カメラを購入して1年くらいはレンズキットのレンズと単焦点のSEL35F18をずっと使っていました。

▼僕が基本的にレンズを選ぶポイントは以下です。

今回はα6600のオススメレンズを紹介してきました。参考になれば幸いです。

ポイント・どんなものを撮るか

・ズームレンズか単焦点レンズか

・焦点距離

・F値

・最短撮影距離

・撮影倍率

・手ぶれ補正の有無(α6600は手振れ補正が内蔵なためあまり関係無し)

▼こちらの記事も参考に

ソニー α6600 ファーストインプレッション

コメント

関連記事

タイトルとURLをコピーしました