ソニーα6600の予約開始! ▶︎詳細はこちら

なにわ淀川花火大会(GR IIIで撮る花火)|Photo Journal vol.59

Photo Journal

こんにちは、Yuu(@yuu_u1)です。

昨日は大阪市内の最大の花火大会「第31回 なにわ淀川花火大会」を見てきました。

去年は、会場まで行って人の多さに疲れたので、今年は例年と同様に大阪駅周辺で見てきました。

スポンサーリンク

第31回 なにわ淀川花火大会

会場は大阪市淀川区の十三バイパスと阪神高速池田線の間の淀川河川敷です。

最寄駅は阪急の十三駅やJR神戸線の塚本駅です。

正式名称第31回 なにわ淀川花火大会
開催日令和元年8月10日(土)
開催時間PM7:40~PM8:40
会場【会場名】新御堂筋淀川鉄橋より下流国道2号線までの淀川河川敷
【住所】大阪府大阪市淀川区新北野3丁目 付近 淀川河川敷
交通

打ち上げ数は非公開ですが、約1時間上がりっぱなしの大都市で打ち上げられる迫力のある花火大会です。

GRIIIで撮る花火

今回はGR III一台だけを持って撮影場所も特に気にせずに行き当たりばったりで梅田に向かいました。

普段はスナップしか撮ってないGR IIIですが、GRのここぞという時の力を見せてもらおうじゃないかと思い、単焦点28mm F2.8APS-Cセンサーを搭載した手のひらサイズのコンパクトなコンデジの可能性を試しました。

 

ポイント・APS-Cセンサー

・28mm F2.8 の単焦点レンズ

・ボディ内手振れ補正

・6cmまで寄れるマクロ

・タッチパネル

・サイズ|W109.4×H61.9×D33.2mm
・重さ|約227g(本体のみ)

写真を撮るには申し分の無い使用です。

GRIIIで撮ったなにわ淀川花火大会

GR III F8.0 SS15s ISO160

撮った場所は大阪駅と隣接しているルクアからです。ここは2、3年前にも撮りましたが、去年あたりは禁止されていた場所です。しかし今年はOKだったようです。花火の開始10分前に来てみると4人くらいしかいなくて徐々に集まってきた感じで最前列で撮れたので台の上にGR IIIを固定して撮影しました。

▲ちなみに同じルクアの屋上は凄い人で断念しました。


▲実はこれがほぼ28mmで撮った画角です。(水平などはLightroomで補正しています)

先ほどのはかなりトリミングしていますが、ブログやSNSでは全然使えると思いました。

ここの場所は夕焼けを撮る時によく来ていて50mmで撮ってちょうどいい感じだったので、GRIIIの28mmではあまりいい感じに写らないと思っていたのでGRの力を見せてもらえた一面です。

最後のフィナーレはブレてしまいましたが、GRIIIはNDフィルターも内蔵されているので花火を撮るときはONにしてやれば長時間露光が可能です。

今回はマニュアルモードでF8.0、ISO160を基準に10秒から20秒で、大きな花火が上がるタイミングでシャッターを押しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuuさん(@yuu_u1)がシェアした投稿


▲iPhoneで撮ったフィナーレの動画

コメント

関連記事

タイトルとURLをコピーしました