趣味で写真や動画撮ってます

X100V フィルムシミュレーション「ACROS」 | Photo Journal vol.167

撮影方法・編集

こんにちは、Yuu(@yuu_u1)です。

今回は富士フイルム X100Vのフィルムシミュレーション「ACROS」を使って写真を撮ってみました。

「ACROS」はモノクロです。

ACROSは富士フイルムの公式から引用するとこう書いています。

まず、”ACROS”たるには、どんなモノクロ表現であるべきなのだろうか?
一つに、”世界最高の粒状性”と賞賛されたACROSらしい”微細な表現”ができること。次に、モノクロフィルムで撮り印画紙に焼いたような、”重厚な質感”を表現していること。被写体のディティール、写真としての質感、と言い換えても良い。
この2つが、FUJIFILMの考える”デジタルACROS”の条件となっている。

新フィルムシミュレーション “ACROS”

性質的にはトーンカーブは、ハイライトを少し持ち上げて、シャドーは粘りのあるカーブを描いてるようです。

最近、GRIIIの影響でモノクロで撮ることが多ですが、シャドー部分はただ単に黒くなるだけでなく、シャドーの表現(ディテールなど)が結構見た目に影響すると感じています。

Fujifilm X100V Street Photography| black and white|Film Simulation ACROS 【Vlog #14】

▲こちらがその「ACROS」撮った写真です。

設定は少し自分なりにカスタマイズしています。

・ ACROS+Rフィルター

・グレイン・エフェクト:スモール

・トーンカーブ H:+1 S:+4

カメラ内で設定の変更が可能で、ACROSにコントラストが強くなる「+Rフィルター」にしています。

そこから更にトーンカーブで少しコントラストを強めになるように設定しています。

動画内のムービーとタイムラプスもX100Vで撮影しています。

スポンサーリンク

X100Vのフィルムシミュレーション「ACROS」+Rフィルター

今回はテスト撮影も兼ねてのスナップでしたが、引き続きこの設定で撮っていき、カラーにしたい時はLightroomでRAW現像しようと思います。

Fujifilm X100V Street Photography| black and white|Film Simulation ACROS 【Vlog #14】

コメント

関連記事

タイトルとURLをコピーしました