コンパクトなカメラで撮っています。

Osmo Pocket おすすめアクセサリー

撮影方法・編集

こんにちはYuu(@yuu_u1)です。

Osmo Pocket」のおすすめアクセサリーを紹介します。

ジンバル搭載のDJI「Osmo Pocket」とはどんなカメラなのか調べてみました!

↑Osmo Pocketについてはこちらをどうぞ!

スポンサーリンク

Osmo Pocketで必要なアクセサリー

① SDカード

まず用意したいものはmicroSDです。

64GBで十分だと思いますが、128GBを購入しました。

Osmo Pocketの推奨SDは、書き込み速度30MB/秒以上のmicroSDカードです。

上記で紹介したSDは書き込み速度90MB/秒、U3 V30 4K Ultra HD、アプリケーションパフォーマンス A2 対応で条件を十分満たしています。

②液晶とレンズの保護フィルム

レンズと液晶面の保護目的で強化ガラスのものを購入しました。

※下記に紹介するNDフィルターや広角レンズを付ける場合は、このガラスフィルムを付けると落ちやすいのでオススメしませんが、NDを使わない人にはオススメです。

③NDフィルター

ND4,8,16,32の4枚がセットになった純正のNDフィルターです。

※裏が磁石になっていてOsmo Pocket本体と簡単に取り外しできる仕様です。一応、2枚重ねも可能です。

レンズの保護フィルムなどを張っている場合は磁石が弱くなるので注意です

Osmo Pocketの純正の充電ケースとNDフィルターを購入しました

↑ついに純正のNDが販売されたので購入しました。

④広角レンズとアナモルフィックレンズ

Osmo  Pocketの標準の画角は35mm換算で26mmくらいです。その画角をさらに広くするレンズです。

後、アナモルフィックレンズはOsom  Pocketを映画風に撮影する事が可能です。

詳しくは下記の記事に書いています。シネマティックな表現をした人にはおすすめです。

Osmo Pocket用のアナモルフィックレンズを購入 | Photo Journal vol.172

↑こちらの広角レンズは公式で紹介されていておすすめ

⑤ワイヤレスモジュール

Osmo Pocketは単体でワイヤレス接続できないので、ワイヤレス接続した人にはおすすめ。

▲ワイヤレスモジュールには三脚穴がないので三脚を使いたい人は別途マウントがおすすめ。

▲こちらはワイヤレスモジュールの上から付けれるタイプです。

⑥三脚など

↑三脚を取り付けるアダプター(こちらは本体に直接付けるタイプ。ワイヤレスモジュールと併用は上の項目のタイプを)

⑦モバイルバッテリー

充電の減りが早いのでモバイルバッテリーを持っておくと安心です。

その他

以下は僕は使っていませんがおすすめなアクセサリーです。

コントローラーホイール

Osmo  Pocketを正確に制御可能なアクセサリーです。

Osmo Pocket 防水ケース

  • 水深60mまでの防水に対応。
  • 追加のアクセサリーを取り付けられるマウントブラケット2個が含まれます。

Osmo Pocket 延長ロッド

  • スマートフォン ホルダーを搭載する伸縮式拡張ロッドです。
  • 複数のマウントブラケットで撮影の選択の幅が広がります。
  • 標準の1/4インチ三脚取り付け穴が底部に搭載されているので、Osmo Pocketを追加のアクセサリーと接続することができます。

Osmo Pocket 充電ケース

充電ケースは、使いやすい回転式開閉デザインで、Osmo Pocketを簡単に収納し、すぐに充電できます。
充電ケースは、microSDカード2枚/NDフィルター4枚//スマートフォンアダプターを2個収納できます。
容量1500mAhで長時間撮影。
便利な回転開閉式デザイン。
外出先で充電可能。
保管に便利。

最後に


↑Osmo Pocketの付属品は上のものが入っていています。

Osmo  Pocketで撮影した動画
Osmo Pocket Cinematic VLOG 02 | KANSAI JAPAN Trip | (Osaka,Kyoto,Kobe)
Osmo Pocket ANAMORPHIC Lens 4K Video TEST
関連記事
Osmo Pocket
「Osmo Pocket」の記事一覧です。

コメント

関連記事

タイトルとURLをコピーしました