ソニー α6400と一緒に購入したいアクセサリー

α6400

こんにちはYuu(@yuu_u1)です。

ソニーミラーレス一眼のα6400と一緒に購入したほうがいいアクセサリーを書いておきます。

α6400はエントリーモデルとして位置付けられていますので、一眼初心者の方が本体以外に何を買っていいのか分からない事が多いと思います。そのために最低限カメラ本体と一緒に買っておいた方がいい物を書いておきます。

スポンサーリンク

SDカード 必須

写真を記録する上でSDカードは必須アイテムです。

ソニーの記録形式XAVC Sでの動画撮影時は、Class 10以上のSDHC/SDXCカードが必要で、100Mbps記録時には、UHSスピードクラス3が必要です。

写真や動画を撮影する上で購入する容量は変わってきますが、以下の32GBや64GBで事足りると思います。

ちなみに自分は動画やタイムラプスを撮るので64GBを2枚持っています。ヘビーに使用しないユーザーでしたら32GBで十分です。

32GB

64GB

液晶保護フィルム あった方がいい

背面モニターの保護フィルムです。カメラの液晶はかなり傷ついたりコーティングが剥がれやすいので張っていた方が安心です。

バッテリー関係 あった方がいい

正直α6000シリーズは一日出かけて写真を撮るとバッテリー1個では不安です。予備は用意しておいたほうがいいです。

RX100の純正バッテリーと互換バッテリー | LifeStyle STANDARD
こんにちはYuu(@yuu_u1)です。 カメラの予備バッテリーって、純正を買っていますか?それともAmazonなどで販売されている互換バッテリーを買いますか? カメラのバッテリーって意外に高いですよね。 コンデジのRX100シリーズのバッテリーも1個5,000円ほどします。そのために安い互換バッテリーを購入してしまい...

↑自分は高いですが基本的に純正のバッテリーを買う事にしています。

バッテリー

バッテリーキット

バッテリーと充電器がセットになったお得な商品です。

モバイルバッテリー

USB充電や充電しながら撮影が可能なので、超時間撮影のタイムラプス時にはオススメです。

フィルター あった方がいい

こちらは本体のアクセサリーと言うより、レンズに付ける保護フィルターです。

レンズ表面の傷や埃の侵入を防いでくれます。

フィルターはレンズによって大きさが異なるので購入する時は注意が必要です。基本的にレンズにφ●●(例φ40.5と書いている場合は40.5mmのフィルター)と書いています。

レンズに取り付けるフィルターは保護フィルター以外にも色々な用途のフィルターがありますが、最初に買うとしたら保護フィルターで大丈夫です。

以下はα6400のレンズキットになっているレンズのサイズの保護フィルターを載せておきます。

フィルター 40.5mm

標準レンズ SELP1650のレンズサイズの保護フィルター

フィルター 49mm

望遠レンズ SEL55210のレンズサイズの保護フィルター

フィルター 55mm

高倍率ズームレンズ SELP18135のレンズサイズの保護フィルター

三脚

あとは三脚です。

これはあっても無くてもいいものですが、夜景を撮ったり集合写真を撮ったりする場合は持っていた方が綺麗な写真が撮影可能です。手持ち撮影がメインの人は必要ないです。

三脚があればシャッタースピードを落としてもブレない写真が撮影可能です。

最後に

今回は本当に必要最低限的なアクセサリーばかり紹介しました。

まあ、はじめはSDカードさえあれば問題ないですが、自分なら新しいカメラを購入する場合なら、まずは以下の物を一緒に購入します。

・SDカード

・予備バッテリー

・液晶保護フィルム

・レンズ保護フィルター

最初にカメラを買った時に、一緒に買っておいた方が後から撮影に行ってアレが無い、アレ買っておけばとなるのでオススメです!

 

α6400は最大20,000円のキャッシュバックを行っています。

↓詳しくはこちらに書いています。

α6400を予約した件と、ソニーストアの展示レポート
こんにちはYuu(@yuu_u1)です。ソニーのミラーレス一眼「α6400」の予約が開始されましたね。発売日は2019年2月22日(金)です。早速、自分も乗り遅れないように予約をしました。...

 

α6500,α6300,α6000を持っていてもα6400を購入します!
こんにちはYuu(@yuu_u1)です。本日(1月16日)、やっとソニーのミラーレスAPS-C機の新作「α6400」が発表されました。α6500の発売日が2016年12月2日だったので、APS...

コメント