趣味で写真や動画撮ってます

RX100M7を持って京都の紅葉へ Part.2/4 (永観堂編)|Photo Journal vol.89

Photo Journal

こんにちは、Yuu(@yuu_u1)です。

 

先日(11月19日)に神戸ファインダーのAki(@Aki_for_fun)さんと京都に紅葉を見に行ってきました。

▼既にAkiさんのブログには今回訪れた記事がアップされています。

京都の紅葉を満喫する日帰り旅をしてきたよ!おすすめ紅葉観光ルート紹介
神戸から京都まで紅葉を見に行ってきました。ちょうど見頃の紅葉がたくさん!満足の観光ができたので京都の紅葉の様子と実際に行った観光ルートをご紹介します。

今回は朝10:00に京都の山科駅に集合して

 

・南禅寺周辺

・永観堂⇦今回の記事はココ

・真如堂

・清水寺周辺

と19:00くらいまで紅葉を楽しんでいました。

▲参考地図

スポンサーリンク

永観堂

南禅寺で紅葉を満喫したので、続いては歩いて5分くらいの所にある紅葉の名所永観堂に向かいます。

と、その前に時間もちょうどお昼になりお腹も空いてきたので、ご飯にしました。入ったのは永観堂の総門のすぐ目の前の「山源」と言うお蕎麦屋さんです。この日はかなり混雑していて絶え間ない人でしたが回転は早くすぐに座れました。僕はとろろの冷やし蕎麦とかやくご飯をいただきました。安心した落ち着いた味でホッと一息できました。またこのあたり来たときはサッと入れる店を見つけられてよかったです。

▲南禅寺から永観堂まではこんな感じの道のりです。

永観堂の拝観料は1,000円です。境内の中は広く釈迦堂や御影堂など数々の建物内を移動したりして、写真を撮りながら移動していると約1時間くらいかかりました。

▲永観堂の放生池と紅葉です。

▲見頃を迎えていた永観堂ですが、既に落葉も多くみられました。

▲青空と紅葉。いい天気に恵まれました。

▲そのまま境内の中に入っていきます。(靴を脱いで用意されたビニール袋に入れて持って移動)

▲ここでも光と影が美しい。

▲手入れされたお庭。

瓦に当たった光。陰影が凄く綺麗でした。

そして床に現れた影。こちらもシャッターボタン押してしまいます。

上や下、左右とどこを撮っても紅葉や光が雰囲気を作ってくれていて、時間帯によって見所が変わるな〜と思いながら進んでいました。

▲極楽橋からの眺め。ここに多くの人が集まって写真を撮っていました。

午後からは永観堂へ足を運びました。平日にも関わらず多くの人が紅葉を楽しんでいた永観堂です。

大半は境内の中を歩いて楽しむ感じですが、所々に座って庭や紅葉を楽しめる場所があり見所はたくさんありました。

夜はライトアップも行われています。

次回は今年の「そうだ、京都行こう」のメインのポスターになっている真如堂へ

今回の京都紅葉めぐり

 

・南禅寺周辺

RX100M7を持って京都の紅葉へ Part.1/4 (南禅寺編)|Photo Journal vol.88

・永観堂⇦今回の記事はココ

・真如堂

・清水寺周辺

 

今回の使用カメラ

コメント

関連記事

タイトルとURLをコピーしました