コンパクトなカメラで撮っています。

α7Cにおすすめの単焦点レンズ | 最初に購入する3本

レンズ

こんにちは、Yuu(@yuu_u1)です。

今回はソニーのフルサイズミラーレス「α7C」の最初に買いたいおすすめの単焦点レンズを紹介します。

α7Cは現在世界最小のフルサイズミラーレス一眼として販売されています。そんなコンパクトなボディに合う単焦点レンズを3本チョイスしてみました。

実際に、これから紹介するレンズは実際に使っていてどれも使用頻度の多いレンズです。

α7Cに最初のおすすめ単焦点レンズ3本

▲今回もYouTubeにそのおすすめのレンズをアップしましたので、時間がある人は見てみて下さい。

それでは動画でも紹介したレンズを以下に紹介します。

特に3本ともおすすめなので、画角もそれぞれ違いどれが一番とかはありませんので、使う用途で参考にしてもらえると幸いです。

スポンサーリンク

① SONY Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA | SEL35F28Z

まず1本目は「SONY Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA | SEL 35F28Z」です。

焦点距離は35mmと標準的な画角で、単焦点レンズとしてはめちゃくちゃ明るいレンズではありませんが、非常にコンパクトなサイズが特徴です。

ツァイス「ゾナーT*」の35mmと言う使いやすい焦点距離でα7Cに常に付けていても大きさが気にならないレンズです。

▲α7Cと組み合わせでと本当にコンパクトなシステムで撮影可能です。

僕は気軽に持ち出したい時はこの組み合わせで出かけています。なんかコンデジ感覚の大きさですが、しっかりフルサイズセンサーとツァイス「ゾナーT*」の組み合わせでなかなか良い写真や動画が撮れます。

僕が唯一気になる点は、比較的古いレンズで被写体に寄れない点です。まあ、APS-Cモードを使うと52.5mmと標準画角のまま最短撮影距離は変わらないので、気にならないと言えば気にならないのですが。僕の気になる点そのくらいです。

なんせ、コンパクトなので許せます。笑

SONY Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZAで撮影した作例

※Lightroomで現像しています。

【コンパクトなフルサイズミラーレスシステム】α7Cとジンバル Crane M2で試し撮り

▲こちらは小型のジンバルとの組み合わせで試し撮りした動画です。

SONY Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZAの主な仕様

焦点距離(mm)35
レンズ構成 (群-枚)5-7
開放絞り (F値)2.8
絞り羽根 (枚)7
最短撮影距離 (m)0.35
最大撮影倍率 (倍)0.12
フィルター径 (mm)49
手ブレ補正
外形寸法 最大径x長さ (mm)61.5 x 36.5
質量 約 (g)120
スポンサーリンク

② SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA | SEL55F18Z

2本目は「SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA | SEL55F18Z」です。

こちらもツァイス「ゾナーT*」のレンズで焦点距離は55mmと個人的には一番使いやすい画角です。

先ほどの35mmよりかは少し大きくなりますが、こちらもα7Cと組み合わせると比較的コンパクトに持ち出せるサイズです。

▲写真を始めた5年くらい前にソニーさんから初代α7とこのレンズをお借りした事がありまして、その時に撮った写真が印象的で絶対にフルサイズを買ったらこのレンズを購入すると決めていました笑

この時は、キットレンズのF値が暗いレンズしか使った事なかったので、単焦点レンズの明るいレンズに感動しました。

SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZAの作例

※Lightroomで現像しています。

SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZAの主な仕様

焦点距離(mm)55
開放絞り (F値)1.8
絞り羽根 (枚)9
円形絞り
最短撮影距離 (m)0.5
最大撮影倍率 (倍)0.14
フィルター径 (mm)49
手ブレ補正
外形寸法 最大径x長さ (mm)64.4 x 70.5
質量 約 (g)281
スポンサーリンク

③ SONY FE 20mm F1.8 G | SEL20F18G

3本目は超広角20mmの「SONY FE 20mm F1.8 G | SEL20F18G」です。

こちらのレンズは動画でVLOGを撮影する人には非常に人気の高いレンズです

20mmと言う焦点距離ですが、APS-Cモードを使うと30mmのスナップにも便利な画角で使えます。

また、最短撮影距離が0.18mとかなり近寄って撮影できるのもポイントです。

【レンズ買替え】TAMRON 20mm F2.8からSONY EF 20mm F1.8 G (SEL20F18)へ | AF駆動音気になりました…

▲最初はTAMRON 20mm F2.8を購入しましたが、AF駆動音とAFの遅さで、このSONYの20mmに買い替えました。

このレンズにしてからは不満点は特にありませんが、少し動画撮影時にフォーカスブリージングが気になると言った感じですが、トータル的に素晴らしいレンズです。

作例は現在準備中・・・・

焦点距離(mm)20
レンズ構成 (群-枚)12-14
開放絞り (F値)1.8
絞り羽根 (枚)9
円形絞り
最短撮影距離 (m)0.19(AF時)
0.18(MF時)
最大撮影倍率 (倍)0.20(AF時)
0.22(MF時)
フィルター径 (mm)67
手ブレ補正– (ボディ側対応)
外形寸法 最大径x長さ (mm)73.5×84.7
質量 約 (g)373
スポンサーリンク

最後に

以上が僕がα7Cを購入して最初に購入するおすすめの単焦点レンスでした。

この3本があれば大体のことは完了できると思います。(望遠以外は)

例えばAPS-Cモードを使うと、

SEL20F18Gで20mmと30mm

SEL35F28Zで35mmと52.5mm

SEL55F18Zで55mmと82.5mm

と言った具合で超広角から中望遠まで楽しめます。また全画素超解像ズームを動画で使うとさらに1.5倍画角を伸ばせます。

それもあってこの3本の単焦点レンズは気に入っています。

またズームレンズも気になる方は以下の記事に書いています。

α7Cに最初のおすすめ単焦点レンズ3本

ちなみに現在2021.5.9まで以下のレンズは

10,000円のキャッシュバックキャンペーン中です。

コメント

関連記事

タイトルとURLをコピーしました