散歩しながら写真と動画撮って暮らしてます

撮ってきたデータ消してしまった件 & ZV-E10とSEL24F28Gでスナップ | Photo Journal vol.294

ブログ

こんにちは、Yuu(@yuu_u1)です。

ZV-E10のキットレンズ SELP1650の画角を広げるワイドコンバージョンレンズが届きましたので試し撮りをしに行ってきました。

で・・・行ってきたのはいいのですが、その時に撮った試し撮りの動画データを全部消してしまいました泣

間違って全部フォーマットしてしまいました・・・最悪です。

1時間以上かけて、手持ちのAPS-C用の広角レンズと色々比較動画撮ったのに・・・

なので、もう一度明日撮影しにいきます笑

かなりテンション下がっています・・・・

▼運よく静止画はすぐにLightroomに保存したので残っています。

▲こちらがそのワイドコンバージョンレンズを付けた時です。35mm換算で24mm→18mmになります。

中心の解像度はそこそこ良いですが、周辺の解像度は落ちます。また歪みも目立ちます。価格的にみて仕方ないかなと思います。

しかし、ZV-E10で自撮り目的なら、真ん中に自分を入れて撮る事が多いと思いますので、自撮り目的で購入を考えている人には、安く広角レンズが手に入るのでありだと思います。

▲ちなみにこちらは同じ位置からキットレンズに何も付けてない状態の広角側です。

▲こちらはワイドコンバージョンレンズを付けて撮影。歪みが出るのでLightroomで歪み補正で+50を掛けてなるべく真っ直ぐに補正しました。

ただ、周辺の解像度はどうしようもありません。

▲こちらも同じです。

風景撮影などには、やや難ありですが、低価格で広角レンズが欲しい人にはお手軽で良いかと思います。

価格と性能のトレードオフになります。

詳しくは、また改めて試し撮りしてきた時に書こうと思います。

スポンサーリンク

ZV-E10にSEL24F28Gを付けてスナップ

そのあとはフルサイズ用の単焦点レンズ SEL24F28GをZV-E10に付けてスナップを撮っていました

SEL24F28GはZV-E10に付けると、35mm換算で35mmになり、レンズ自体もコンパクトなのでZV-E10でも使い易いです。ちょうど僕はAPS-C用の35mmの単焦点を持っていないのでこの組み合わせもありだと感じました。

以下はSEL24F28GをZV-E10に付けて撮った写真です。

ギャラリー
スポンサーリンク

写真の編集

使用カメラなど

と言う事で、もう一度ワイドコンバージョンレンズの撮影行ってきます 泣

コメント

関連記事

タイトルとURLをコピーしました