趣味で写真や動画・タイムラプス撮ってます。

那覇空港からの1枚 Lightroomを使って現像 | Photo Journal vol.122

ブログ

こんにちは、Yuu(@yuu_u1)です。

また沖縄に行っていました。

いつもは午前の便で沖縄に行く事が多のですが、今回は夕方の便で到着しました。

スポンサーリンク

夕方の4階の展望フロアーで

那覇空港の滑走路は西側に設置されているので、夕日や夕焼けと一緒に撮影できそうなんですよね。

4階の展望フロアーは室内でガラス張りなのでゆっくり飛行機を見る事ができます。

このフロアーに到着したのが18時頃でした。

▲写真を撮っている時にGoPro HERO8で撮っていたタイムラプス。こんな感じの景色が広がっていました。

今回はそこでちょっと写真を撮ってみました。

α6600+SEL35F18

▲ちょうど真正面に飛行機が待機していて、雲から放射扇状に出ている光芒と離陸する飛行機を眺めている感じで撮ってみました。

その場でLightroomで現像

僕は基本的に、撮った写真はその場でiPhoneに転送して現像してSNSにアップする事が多いのですが、今回もiPhoneで現像しました。

▲撮って出しはこんな感じです。

▲現像後はこんな感じです。

現像アプリはiPhoneのLightroomです。

Adobe Lightroom - 写真加工・編集アプリ

Adobe Lightroom – 写真加工・編集アプリ

Adobe Inc.無料posted withアプリーチ

今回の僕のLightroomでの現像工程は以下です。

①自分で作成しているプリセットをあてる

②ホワイトバランスの調整

③露出など明るさの調整

④線形・円形グラデーションで部分補正

⑤トリミングなど

こんな感じで編集しています。

スポンサーリンク

①自分で作成しているプリセットをあてる

プリセットは、もともと自分で作っているので撮ってきた写真にあてるだけです。

マットな感じで少しグレーっぽい感じの色味のプリセットに仕上げています。

プリセットは、カラー補正がメインで、カラーミキサーで各色を調整して明暗別色補正を調整しています。

後は、ライト補正でよく行うコントラストやハイライトシャドウ、白レベル、黒レベルやトーンカーブも調整しています。

②ホワイトバランスの調整

ちょっと、元の色が青味ががっていたので色温度や色かぶり補正を調整します。

※画面はiPadのLightroom

③露出など明るさの調整

ライトのカテゴリでーで露光量やコントラス、ハイライト、シャドー、白レベル、黒レベルを調整。

トーンカーブはもともと左端は上に上げていますが、メリハリを付けるためにもう2点ポイントを作ります。

④線形・円形グラデーションで部分補正

▲だいたい、②、③の色補正を明るさ補正で終わらす事が多いのですが、今回は空と滑走路の印象を変えるために、線形・円形グラデーションツールで部分補正しました。

こんな感じでひとまず、明るさと色調を完了します。

最後はジオメトリで水平を整えたりトリミングして完成です。

スポンサーリンク

最後に

今回は急いでいて、カメラから直接転送したのでJPEGからの編集でしたので空が飛んでしまっています。

いつもこんな感じでRAWで撮って、SDカードリーダーでiPhoneに取り込んでLightroomで現像しています。

以前はPCのLightroom Classicを使っていましたが、2018年の後半からは写真の現像はiPhoneまたは細かい部分が必要な時はiPadで行うようになりました。やっぱり、どのディバイスからでも同期されていて、どこでもすぐに現像が可能なのでLightroomは便利です。

Adobe Lightroom - 写真加工・編集アプリ

Adobe Lightroom – 写真加工・編集アプリ

Adobe Inc.無料posted withアプリーチ

使用カメラ:SONY a6600

使用レンズ:SONY SEL35F18


▲おまけ:時々、Lightroom現像後にVSCOの色を当てたりします。

最近の写真の編集方法 (VSCOに戻りました)Photo Journal vol.110

コメント

関連記事

タイトルとURLをコピーしました