散歩しながら写真と動画撮って暮らしてます

撮影できたら何でもOK // 18年前のソニーのコンデジ DSC-L1 | Photo Journal vol.321

ブログ
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、Yuu(@yuu_u1)です。

このYouTubeのサムネのカメラを見て懐かしいと思うあなたはかなりのソニーのコンデジ通ですね笑

そうなんです。このコンデジはソニーのサイバーショット DSC-L1と言う2004年製になります。

約18年前のカメラです。

オールドコンデジ」と呼んでいいくらいの歳月が経ったコンデジです。

これ、GWに実家に帰った時に眠っていたので持って帰ってきました。僕のじゃないけど完全に使ってなかったので貰ってきました。

それにしても完全に僕好みのサイズ感です。

で、肝心のスペックはと言うと・・18年前のカメラなので期待はしないで下さい。笑

スポンサーリンク

「DSC-L1」スペック

分かる範囲で「DSC-L1」のスペックを書いておきます。

「DSC-L1」スペック
撮像素子1/2.7インチ

Super HAD CCD

レンズ32-96mm相当(35mm版換算)3倍ズーム

F2.8-5.1

最短撮影距離広角側12cm、望遠側50cm
画素数有効410万(総420万画素)
動画記録最大640×480ドット(約30fps)
ISO感度オートと100-400
ディスプレー1.5インチTFT液晶パネル(7万6800画素)
記録媒体メモリースティック デュオ/PRO デュオ
インターフェースUSB2.0(専用端子)/DC入力
電源専用バッテリーNP-FT1
本体サイズ95×25.7×44.3mm
重量約122g(本体のみ)/約152g(装備重量)

なんと言ってもサイズが半端ないです。

手のひらに収まるサイズ感。

そしてこの大きさで32mm-96mm(35mm版換算)のズームレンズが搭載しています。

画素数は今となっては相当低い410万画素

SNSにアップするなら別に問題ないでしょうか?

拡大しなければ問題ないと信じています。

スポンサーリンク

「DSC-L1」撮影した写真

今回は阪急中津駅から中之島、道頓堀、そして梅田とかなり撮り歩いてしまいました。

今回は撮って出しではなく、VSCOで簡単にプリセットをあてています。

‎VSCO: Photo & Video Editor
‎VSCO is a place where expression matters most. We offer creative photo and video editing tools, inspiration, and a place for you to be you. Share your photos

久しぶりにVSCO使ったらなんか編集画面とか変わっていて使いにくなった?感じがします。しかし、こう言ったカメラやiPhoneで撮った写真なんかは簡単に雰囲気つける事ができるのでやっぱりLightroomの次に外せない写真編集アプリです。

阪急中津駅→新梅田シティ→西梅田

とりあえずウォーミングアップでいつもの中津駅からスカイビル方面へ歩いて西梅田のスタバで休憩コースです。

中之島→淀屋橋

ではスタバで一息ついたところで、中之島方面へさらに足を伸ばしました。

道頓堀周辺

そして、中之島あたりで帰ろうと思い淀屋橋から梅田に戻ろうと思いましたが、なぜか反対方向のミナミへ笑

基本的に僕は疲れ果てるまで写真を撮っていたい人の様です。

もう何ヶ月ぶりの道頓堀でしょうか?

かなり人が少ないし、結構店は閉まっていました。

ちょっと寂れた感があり、これがコロナの影響かと実感してきました。

梅田周辺

最後は梅田に戻って阪急梅田に向かう間にもシャッターを押していました。

とりあえず、目に留まった物はなんでも残しておきたい派。

スポンサーリンク

最後に

今となってはかなりの低スペックのカメラですが、僕はとりあえずシャッターが切れたら楽しめるタイプなので、特にこう言った低スペックで小型のカメラはワクワクしてしまいます。

当時、いちばんセクシーなサイバーショットと言うフレーズでCMを打ち出されていたDSC-L1。

今でも全然お洒落なデザインで悪くないですよこのカメラ。

もう少し使い込んでみようと思います。とりあえず僕のカメラメンバーのレギュラー入りです。

コメント

関連記事

タイトルとURLをコピーしました