趣味で写真や動画・タイムラプス撮ってます。

GoPro HERO9 発表!| スペックなど簡単に紹介

カメラ情報
HERO9

こんにちは、Yuu(@yuu_u1)です。

GoPro: Introducing HERO9 Black – More Everything | jp_JP

噂どおりGoPro HERO9が発表されました。

Yuu
Yuu

僕もGoPro HERO9を早速購入しましたので、購入後もっと詳しくレビューします。

今回は簡単に書いておきます。

追記

早速、手に入れたので取り急ぎYouTubeにアップしています。

GoPro HERO9 ファーストインプレッション | 購入しました

 

 

 

23.6MPの超高性能センサー搭載のHERO9 Blackは、5Kビデオと20MPの写真の撮影が可能です。

新しい前面ディスプレイ、タッチズーム機能を備えた背面タッチスクリーン、最大30%向上したバッテリー駆動時間、HyperSmooth 3.0(ハイパースムーズ3.0)により、あらゆる用途で活躍できるカメラです。

折り畳み式フィンガーによるビルトインマウント | HERO9 Black モジュラーの互換性 | HyperSmooth 3.0 手ぶれ補正機能 | TimeWarp 3.0 ビデオ | SuperPhoto + 高性能 HDR | ナイト ラプス ビデオ | デジタルレンズ (SuperView、広角、リニア + ホライゾンレベリング、リニア、狭角) | 1080p のライブ ストリーミング | ウェブカメラモード | パワーツール (HindSight、LiveBurst、スケジュールキャプチャー、デュレーションキャプチャー) | 音声コントロール (音声起動搭載) | すべての写真モードで RAW が利用可能 | プリセット + 画面上のショートカット | 直感的に操作できるタッチ スクリーン | タッチ ズーム | 縦向き撮影 | 写真タイマー | 優れた耐久性 + 水深 10 m までの防水性能 | 8 倍スローモーション | 100 Mbps ビット レート | 顔、笑顔、まばたき + シーン検出 | 露出コントロール | GP1 チップ | Protune | 充電式バッテリー (1720 mAh リチウムイオン) | 保護ハウジング (HERO9 Black) 対応

発売日:9月17日から購入可能

価格:64,900円

スポンサーリンク

HERO9の外観とスペック

チップGP1
画素数20MP
手ぶれ補正HyperSmooth 3.0
背面ディスプレイLCD スクリーン
+ ライブプレビュー
フロントディスプレイタッチスクリーン対応
写真 SuperPhoto + 高性能 HDR
動画ビデオ 5K30 + 4K60、広角視野角
タイムラプス
TimeWarp 3.0 ビデオ,ナイトラプス、タイムラプス
防水10M
オーディオ3.5 mm オーディオマイク入力 (別売の HERO9 Black 用メディアモジュラーまたは Pro 3.5 マイクアダプターを使用)

RAW 形式の音声取得 (.wav 形式)

最新のウィンド ノイズ低減

ステレオ オーディオ

バッテリー1700mAh
サイズ71.0×55.0×33.6
接続機能
Wi-Fi + Bluetooth
GPS 対応
GoPro アプリへの接続
スマートフォンへの自動取り込み
重さ160g
同梱HERO9 Black カメラ

充電式バッテリー

粘着性ベース マウント (曲面)

マウント用バックル

USB-C ケーブル

サム スクリュー

カメラケース

 

GoPro HERO9の特徴

5K ビデオ

最大5Kの解像度で、ズームイン時も細部まで鮮明な驚異的な品質のビデオが撮影できます。

23.6MPの超高性能センサーを新たに搭載した HERO9 Black。

20MP写真+SuperPhoto

プロレベルの鮮明な 20MPの写真を撮影できます。

さらに SuperPhoto を使用すると、最適な画像処理がすべて自動的に選択されるため、素晴らしい写真を簡単に撮影することができます。

拡張性をもたらすモジュラーシステム

HERO9 Black モジュラーにより、様々なニーズに対応することができます。

水平をロックした映像や強力な手ぶれ補正を備えたレンズの場合はMax レンズモジュラーを取り付け可能。10月発売予定。

被写体を照らしたい場合はライトモジュラーを利用可能。

マイクを追加したり、もっと拡張性を高めたい場合は、メディアモジュラーを追加してギアをカスタマイズできます。

ビルトインマウント

フレームを持ち運ぶ必要はもうありません。

折り畳み式フィンガーを使い、カメラをあらゆるマウントに取り付けることができます。

前面ディスプレイ+背面タッチスクリーン

HERO9 Black の新しい大型背面タッチスクリーンは、タッチズーム機能を備えて操作も簡単。新たに搭載された前面ディスプレイによって、フレーミングが簡単にでき、直感的なカメラ操作が可能です。

パワフルなバッテリー

1720mAh の大容量バッテリーにより、バッテリー駆動時間が最大 30%向上しました。

バッテリー交換なしでたくさんの撮影を行い、気温の低い環境でもカメラが動作するよう電源供給が可能になりました。

スポンサーリンク

HyperSmooth 3.0

GoPro 史上最高の進化を遂げた手ぶれ補正で、究極の滑らかさを体験してください。

HyperSmooth 3.0 により、すべての設定でカメラ内ホライゾンレベリングとブーストが使用できます。

ホライゾンレベリング

新しい「リニア+ホライゾンレベリング」デジタルレンズによりカメラ内ホライゾンレベリング (最大傾斜45%) が可能に。水平が安定した映像が撮影できるようになりました。

TimeWarp 3.0

乗り物に乗っているときや歩いているときなど、あらゆる場面をタイムラプスで魅力的な映像として撮影します。

TimeWarp 3.0は、時間を凝縮した唯一無二の瞬間を捉えます。スピードランプは、録画中にリアルスピード (音声付き)またはハーフスピードを選択できる新しい機能です。

直感的に操作できるタッチスクリーン

スムーズな操作を実感してください。タッチスクリーンで、カメラを簡単にコントロール。HERO モードでは、ショットのフレーミング、映像の再生、自撮りの撮影などもできます。

1080p のライブストリーミング

1080p でソーシャルメディアにライブストリーミング。HyperSmoothをオンにして GoPro アプリから配信しましょう。映像を SD カードに保存して、後からチェックすることもできます。

ウェブカメラモード

HERO9 Blackをコンピューターに接続して、1080pフル HDで配信。GoProマウントを使用して、完璧な構図で撮影しましょう。

優れた耐久性+防水性

想像を絶するほどの過酷な環境下での撮影にもHERO9 Black は対応します。

カメラ本体に抜群の耐久性と水深 10 m までの防水性能を備えています。

Power Tools

HERO9 Blackは撮影の新たな可能性を広げるPower Toolsを搭載。

ただシャッターボタンを押して行う撮影では実現できなかった撮影オプションを得ることができます。

Power Toolsには、HindSight、LiveBurst、スケジュールキャプチャー、デュレーションキャプチャーなどの機能があります。

 

早速、手に入れたので取り急ぎYouTubeにアップしています。

GoPro HERO9 ファーストインプレッション | 購入しました

発売日:9月17日から購入可能

価格:64,900円

関連記事

▼HERO9とHERO8の比較はこちら

GoPro HERO9とHERO8の違い スペック比較と外観比較

コメント

関連記事

タイトルとURLをコピーしました