現在 RX100M7/ α6600/ GRIII/ iPhone 11 Proを使用中

ソニー α7R IVとα7RIIIの違いは6100万画素 国内の発売日は9月6日

α7RIV

こんにちは、Yuu(@yuu_u1)です。

ソニーが16日の深夜に海外でフルサイズミラーレスα7RIVを発表しました。

α7Sの後継機やAPS-Cのα6500の後継機かと思いきやα7RIVでした。

追記国内でもα7RIVが発表されました。

国内の発売日は9月6日 販売価格400,000円前後

※国内で発表されたので記事を更新しました。

α7RIVは新型の裏面照射型CMOSセンサーを搭載して画素数は6100万画素です。

もう画素数が多すぎてデーター量のことばかり気になってしまいます。

しかし、画像数が大きくなっただけでなく、やはりそれに伴いシャッターユニットや手振れ補正やバッファー容量など、あらゆる点で改善が加わっています。

スライドショーには JavaScript が必要です。

下にスペックを書きましたが、フルサイズ時は6100万画素ですが、APS-Cクロップで2620万画素もあるんですよね。これはα6400よりも画素数が多いわけです。

正直な話・・・このカメラは欲しいです。

スポンサーリンク

α7R IVの主な仕様(α7RIIIと比較)

主なスペック書いておきます。

α7RIIIとの主な違いは6100万画素という高画質な解像度にも関わらず、高感度はそのままなど進化を見せています。

そして、EVFのドット数が大幅にアップしています。

またボディの形状などの変化もあります。

α7R IVα7RIII
撮像素子新世代の35mmフルサイズ(35.9×24.0mm)

ExmorR CMOSセンサー

35mmフルサイズ(35.9×24.0mm)

ExmorR CMOSセンサー

 

有効画素数6100万画素約4240万画素

APS-Cトリミング

2620万画素1800万画素

ローパスフィルターレス

ISO感度100〜32000

(ISO 50〜ISO 102400まで拡張)

100〜32000

(ISO 50〜ISO 102400まで拡張)

低感度で15段ダイナミックレンジ
ボディ内手ぶれ補正5.5段分5.5段分
AF方式567点(位相差検出方式)

425点(コントラスト検出方式)

399点(位相差検出方式)

425点(コントラスト検出方式)

シャッタースピード1/8000〜30秒1/8000〜30秒
サイレントシャッター
連写AF / AEトラッキングで

最大10コマ/秒

RAW68枚

AF / AEトラッキングで

最大10コマ/秒

RAW 76枚

瞳AF
動物瞳AF
ファインダー0.5型

電子ビューファインダー

UXGA OLED 576万ドット

0.5型

電子ビューファインダー

UXGA OLED 368万ドット

液晶モニター3.0型ワイドタイプTFT

144万ドット

タッチパネル

チルト式

カメラ背面に対して
上約107°、下約41°

3.0型ワイドタイプTFT

144万ドット

タッチパネル

チルト式

カメラ背面に対して
上約107°、下約41°

動画性能4K30p

S-Log2,3

HLG

瞳AF

4K30p

S-Log2,3

HLG

ピクセルシフトマルチ撮影2億4008万画素

(4枚/16枚)

1億6960万画素

(4枚)

インターバル撮影
ダブルスロット両方ともUHS-II対応片方のみUHS-II対応
Wi-Fi準拠,IEEE 802.11b/g/n(2.4GHz帯/5GHz帯)準拠,IEEE 802.11b/g/n(2.4GHz帯)
NFC
使用温度範囲0〜40℃0〜40℃
バッテリ性能約 530コマ(ファインダー)

670ショット(液晶モニター)

約 530コマ(ファインダー)

約 650ショット(液晶モニター)

サイズ約 128.9 mm x 96.4 mm x 77.5 mm約126.9(幅) x 95.6(高さ) x 73.7(奥行き)mm
重さ 665g657g
発売日2019年9月6日2017年11月25日
価格40万円前後288,660円

(7月現在のAmazon)

α7R IVα7R III

とにかく6100万画素と画素数が大幅に上がっても、RIIIと同等の連写などができるって凄いですよね。

なんかフルサイズのミラーレスの中ではかなり余裕を感じさせられる、ハイスペックな感じがします。

α7R IVのポイント・有効画素数61000万画素

・APS-Cクロップ時でも2620万画素

・高画素になってもAF/AE追随 10コマ/秒 連写(RAW68枚)

・バファーメモリはα7RIIIの1.5倍

・567万ドットのEVF

・動画での瞳AFに対応

・5GHzのwi-fi規格に対応

・16枚合成による2億4080万画素のピクセルマルチシフト撮影

・UHS-II対応のダブルスロット

・強化された防滴防塵設計

・グリップの形状

・操作ダイヤルの向上

予約は7月23日10:00から開始です。

その他にもプロの要望を取り入れて進化した点

▲設定の保存/読み込み

他のカメラとカスタム内容を共有できるための保存

▲効率的な画像選択

静止画などの再生時にカスタムボタンに1枚ずつとか10枚ずつとか設定可能。

α7R IVの外観

α7R IVの外観ですが、RIIIと比べてグリップの形状が少し進化しているようです。

また、ダイヤル類の変更もあり操作性が向上しているとのこと。そして防塵・防滴性能もUPしているようです。

▲ジョグダイヤルの形状が変化しています。

背面付近にあったダイヤルがモードダイヤルと露出補正ダイヤルの間にきています。


▲グリップの形状が進化してさらにホールド感がましています。


▲ダブルスロットUHS-II対応

 

α7RIVとα7RIIIの外観比較

α7RIVとα7RIIIの外観比較ですが形状のみ参考にして下さい。大きさは合わせていません。

左がα7RIV、右がα7RIIIです。

▼参考までにα7RIIIの外観を貼っておきます。

 

実はα7RIIIは30,000円のキャッシュバック中

補足α7RIIIは7月28日までキャッシュバック中です。

α7RIVのような高画素が必要ない人はα7RIIIは本体のみなら30,000円のキャッシュバック。

レンズとの組み合わせなら最大40,000円です。

キャッシュバックは7月18日まで。

自分が使うならα7RIIIで十分すぎます。笑

 

でもやっぱり趣味で普通に使うならα7IIIがオススメですね。

 

▶︎α7RIVの作例(フォトギャラリー)

Sony Global - Photo Gallery | α7R IV 35mm full-frame camera with 61.0MP
Learn and be inspired while exploring the Sony's Photo Gallery. We have collected amazing photos from all over the world that showcase captures on Sony cameras

▶︎α7R IV プレスリリース

コメント

関連記事

タイトルとURLをコピーしました